ネットワークビジネスの場にいる”無理して未来を語ってくる”人のほとんどが成功していない理由。

こんにちは、にちやです。

プロフィールにも書いていますが
僕は一時期ネットワークビジネスをやっていました。
ただ、辞めています。

理由は3つ
周りの人間が魅力的ではなかったから。
付き合いたくない人間と上っ面仲良しで付き合い続ける。これって会社と一緒。
起業家の人たちの方が人間的にも収入的にも魅力的だった。

そして、
よくある「このまま稼げないでいいの?人生変えようよ!」
みたいな夢を語る人が成功していない理由を
人間心理学から徹底的に解説します。

これはネットワークビジネスもですが
普段の人間関係にも関わってくるので
読んで損になるものではなりません。

では、詳しく解説して行きます。



ネットワークビジネス勧誘あるある


僕は20歳の時に
アムウェイやってたので
そこらへんのノウハウはバッチリなわけです。

そして、ただのアンチ記事ではなくって
人間の心理とビジネスの観点でも話すので
最後までお読みください。

勧誘でよくあるのが
「久々に友人からの連絡がネットワークビジネス」
「カフェで製品の事を語られる」
「人生論を説かれる」
「パーティーやBBQへ誘われる」

とかですかね。

今回タイトルを

ネットワークビジネスの場にいる”無理して未来を語ってくる”人のほとんどが成功していない理由。

にした理由としては

皆語ってくるじゃないですか、、、
いくら稼いでいようが
テンプレ的に。

「このままの人生でいいの??」
「やっぱり自分の行動に投資しなきゃね」
「やりたい夢とかないの?叶えたいと思わないの?」
「私は、○○さんみたいに自由な人生を送りたい!(成功者の人名を並べる)」

いやね、月100万円とか稼いでいる人が
これを言ってくるのはまだいいんです。

だって、稼いでいるんだなーってわかるから。

でも、それを月数万円単位で稼いでいる人から言われると
ハッキリ言って「はぁ・・・・」ってなる。

自分の夢を語るのはいいんですよ。
自分の未来を語るのはいいんですよ。

でも、作りこんだ夢を語るのはちょっと違う。
押しつけの価値観はみんな嫌う。

まずそれが1点。

そして、重要なのが

”夢は語るけれども実績がついてこない人”
が多すぎる。

これは初心者とかではなくって
その業界で稼げない人に共通することなんですよね。

これは、ビジネスにも共通します。

俺は1憶円プレイヤーになる!!

っていってバイトしているようなもんです。

なので、そこの違いを解説していきます。



僕の実例。


僕の周りに居た結果出せていない人の話をすると。

俺には夢がある!このビジネスは最高だ!人生をかけてやりたい!

→数年会社勤めでやめていません。

とか

自分が稼げていないって言われると
プライド高くて、すげーキレてくるとか

なんか、夢を語るプライドの塊な人がすーーーーーーごく多い。

素直に認められないとか、
言ってることとやってることの矛盾を正当化しようと必死とか。

そして、その人たちが
知らない人に対して、オファーをかけていくんだから
そりゃ、怪しくなるわと。

アルバイトしてる人が
あなたも僕と一緒に月収100万円になりませんか?
これ稼げるんですよ!マジで!僕バイトしているから分かるんですけれども
このビジネス本物ですよ。

みたいな奇妙な日本語が完成する。

これわかりません?

結局は夢を語っている人が胡散臭いから。
本気でやってんの?

って感じるから、怪しさが増す。

でもこれって、
夢を語り続けて、実績出せない
理由が存在するんですよ。

そして怪しいと思う理由もね。

次で解説します。



人間心理学で解説していく。


この図はここの記事でも解説してるので
こちら見てからだとより具体的に分かります。

http://nitiya01.com/2019/12/10/yaritaikoto/

↓重要な図

簡単にまとめると

これは人間の欲求。
そして、一番下が満たされると
1つ上を満たし始める。

生理的欲求の
食事、睡眠、性
が満たされると

次は安定した収入とか、安定した場所
安心したい。という欲求を求め始める。

で、ここが重要でして

一番上の実現欲求って。

自分が実現したい事。
つまりは夢なわけです。

今回のテーマでもある。
無理して未来を語ってくる人。

これは、実現欲求の事を語る人。
そして語るのはいいけれども

その人自身が、そもそも生理的欲求を満たしていない場合もあるし。
安全欲求を満たしていない場合もある。

ここのギャップがあると

「いや、お前現状ダメじゃん」って思う。

これがまず、夢だけ語っているだけの人。

それに加えて
実績出せていない人は

「いや、お前現状ダメじゃん」って言われて

そんなことはない、俺には覚悟と思いがある!

何てこと言うんだ!俺は崇高なビジネスをやっているんだ!

とさらに否定したり、認めようとしない。

”アルバイトが年収1憶になれる方法を熱く語る。”

状態なわけです。

そんな人がたくさんいます。

絶壁を一緒に登ろうぜ!
のお誘いが多すぎるネットワークビジネスでした。



逆にそれを成功させるなら?


数うちゃあたる戦法とか
マーケティングプラン(ビジネス構造の違いを説明する方法)
を暗記するとかはいいとして

要は、紹介する友達に対して
ちゃんとしたオファーをすることができれば
勧誘もうまくいくはずなんですよ。

オファーとは
お互いがWin-Winで取引が成約すること。

もう、さっきの図のまんま説明すればよくって。

まずは、怪しいのは分かってるから聞いて。

このビジネスはね。
でそのビジネスのマーケティングプランを話す。

そして、この欲求満たしている
実績出しているひとのところに連れていく。

マジでこれだけでいいと思います。
っていうか、これが界隈のマニュアルなので
的を得ているってのはありますね。

憧れさせる→加入させる。

だから、闇雲に夢ばっかり語らないで
中身を語れるようになれって話です。

自分が何の欲求を今満たしていて
その為に○○って行動をしているんだ。
そうしたら、実現まであとこれをこなすだけなんだ。

成功する方法を自分は知っているし。
○○さんを分析するならこうなるよ。

って説明できるのか??

そして、素直に間違いを認めて
常に学び続けられるのか??

これが出来ている人がいるなら
「おお、真剣にやってる人なんだ。」
と少なくてもなるので
成功率が上がります。

数×自分の質=成功率。

数→声かけた人数
自分の質→今回の内容

自分の質が0なら、
いくら声かけても0なので
成功しません。



さいごに


一切ネットワークビジネスを推奨するわけではありません!

やっていた僕からすると

ずっと変わらない人間関係の中で
嫌な人にもぺこぺこして

稼げても周りにはプライドの塊の人しかいない。

なんて、会社と同じだし、
それよりももっと本質的なビジネスの事を知りたいと思いました。

今回の人間心理学も
一般的には認知低いし

ここで語ったことも
型だけなので

もっと本質的なところまで行くと
凄くおもしろいですよ。

1つだけ例を挙げると

自己啓発本とか誰かの情熱に心を動かされて
よし!明日は○○時間やろう!とやる気になるけれども
結局行動しなくなってしまう理由

とか分かりますか?

明日から本気だす!とか
明日からやりだそう!

が続かない理由ですね。

あれって、そもそもが足りない何かを求めに行っている状況で

自分の中の行動力充電が0%のところに
無理やり電流(やる気)を流し続けます。

すると、電気(やる気)が流れている間はいいのですが
元々の行動力が0%なので、電流が流れなくなったら何も行動できなくなります。

なので、自分の行動力0%を上げていくしかない。

その為に先ほどのピラミッドの欲求を満たしていく必要があります。
一番下の生理的欲求を満たしている段階は

はらへった。ねむい。やりたい。

しか考えられないので
それ以外の行動は考えられません。

明日から○○やる前に
お腹減ったからドカ食いしよう。

結果、体調崩してやれない。

とか。行動力が0%のところに
食べ物という電流を流しているにすぎないので

電流が流れなくなったら
また0%になります。

これが、毎日忙しい社会人とかと一緒ですね。

毎日0%のまま。
休日も睡眠しまくて満たそうとする。

などなど。

だからこそ、5つの欲求を
それぞれ少しずつでも満たすことから始めれば

行動力充電が増えるので
結果、人間行動できるようになる。

こんな実例もあります。

ここに関しても
他の媒体で語ったりしているので
チェックしてみてくださいね。

ブログでは話していない、本質をメルマガでは発信中!

工業高卒電気工事士、
学歴なし、知識なし、経験なし、貯金15万円から飛び込んだ起業の世界。

そんな僕が、

転売というビジネスを通して
自信もついたし、プライベートも充実するようになりました。

工業高卒にちやが起業して転売月収100万円になるまでの物語と理念はこちら

メールマガジンでは、転売月収100万円を超えた
脱労働の超仕組化転売の本質を流しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記をクリックして工業高卒月収100万円の物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です