東京日本橋で高級うなぎ重を食べてきたら、価値観の違いにビビった。

こんにちは、にちや(@nitiya01)です。

最近よく、起業家の人に会う関係で
東京の日本橋に行くのですが

ふと、目に入った文字が
「うなぎ重」でした。

そこで、「今までちゃんとした
うなぎ食べたことなくね?」と思ったので

経験の為にお店へ突撃。

回転寿司とかでしか
うなぎ食べたことなかったんで

え?これ本当にうなぎ?????
マジで???こんな味するの???

ってビビりました。
違います。本当に

あと、値段がおかしい。
そして店内もおかしい。

そんなおかしいことだらけの
事実をお話したいと思います。



まず、普通こんなところ行く???


今回行ったお店は
高島屋日本橋店にある

五代目、野田岩です、

まずお店の待合室からおかしい。



なんこれ、ホテルのロビーかここ。

そしてメニュー。


おおお。。。

7000円か・・・

当たり前のように書いているけれども

一般的にランチで、この値段って価値観おかしいよね???

そう思いながらも、せっかくなので
一番高い松頼みました。



周囲の客層はどうか


周りの客層を眺めます。

行ったのが平日だったのでより思うのですが

こんな昼間から、
うなぎ重食べに来ている人たちって


絶対金持ちか時間に余裕がある人達。

それは、服装とか
話している内容を聞くとわかります。

ここが面白いところで

ファミレスとかで聞く会話と
高いところのお店で聞く話ってのは
違ってきます。

理由は、客層が違うので。

ちなみに、隣の席に座っていた
2人組。

片方は、60代くらいのおじさん

ワインレッドの良さそうなシャツに

ジャケット羽織っている。

片方は20代後半くらいの女性。

OLって感じ。

??

何この組み合わせ

そこから疑問だった。

昼のランチに
おじさんとお姉さんで、うなぎ食いに来るって何???

隣にいるので
声が聞こえてくるのですが

どうやら

お姉さんが、そのおじさんに話を聞きたがっていた様子。

「若いころの話きかせてください。」
「○○の時ってどうしたですか?」

たぶん、アポ取って会いに来た感じでしょう。
ビジネスか、その関係。

そして、おじさんが、せっかくなら
うなぎでも食べに行こうや

となったとみます。

こういう人のつながりか。。。

それだけでも勉強になるし
価値観が違うのでとっても面白いですね。

そんな事を考えながら待っていると



いやいやいや、圧倒される。

そして食べてみると

これってうなぎなのか??
ってガチで思いました。

思っていた味と違う。

こんなに身がふっくらとしてたっけ?
こんなに食感濃いっけ?

回転寿司とか
スーパーのうなぎのイメージしかないから

こんなに味が細かいものだとこの時初めて知りました。

同時に、

そっか、これが正しい知識か

ってのも知りました。

僕にとってのうなぎの味が更新された日です。

このように、食事1つを取っても
知らない事とか、価値観の違うことに触れることが出来るので

消費者体験

めっちゃ重要ですね。

うな重、一回でいいので
高いもの食べてみてください。

ブログでは話していない、本質をメルマガでは発信中!

工業高卒電気工事士、
学歴なし、知識なし、経験なし、貯金15万円から飛び込んだ起業の世界。

そんな僕が、

転売というビジネスを通して
自信もついたし、プライベートも充実するようになりました。

工業高卒にちやが起業して転売月収100万円になるまでの物語と理念はこちら

メールマガジンでは、転売月収100万円を超えた
脱労働の超仕組化転売の本質を流しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記をクリックして工業高卒月収100万円の物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です