所持金3000円で年商15憶円の社長に会いに上京。冬の上野公園で野宿したら死にかけた話。

こんにちは、にちや(@nitiya01)です。

今回は、所持金3000円で年商15憶円の社長に会いに上京。冬の上野公園で野宿したら死にかけた話について物語形式でお話していきます。

今まで信じていた常識が消え去ります、

・ビジネスには原理原則がある。
・最初は泥臭くてもいい。でもいつかは抜け出しなさい。
・自分は創る側になるんだよ。
・正しいやり方を正しくやりなさい。知るならその道にプロに尋ねてみなさい。

こんな話とか、ほかにもたくさんしていただきました。

あと、上野公園で野宿したら凍死しかけました。



物語


僕が会社を辞めて 、
一度は夢見た東京から、地元の山形に戻り
せっせと古本の転売をしていた20歳の冬。

その時は、
ホームセンターのアルバイトと
ブックオフに古本を仕入れに行く事を
同時にやっていて
貯金のほぼすべてを仕入れに使っていました。

退職後一番お金がない時期ですね。
あってもMAX所持金五千円とか。

クレジットカードのリボ残高もあるし。。

生活費もかけられないので
実家で暮らしで出て行くお金を極端まで減らし

免許は持っていたものの
車も持っていなかったので

母の車を使わせてもらって、
毎朝、母親を会社まで送っていき
その後にホームセンターアルバイト先へ直行
1日中レンガを運んで、土を店頭に並べて

筋肉痛になりながら
帰りは母親を会社に迎えに行き、

自宅へ送り届けた後に
閉店までブックオフで仕入れをしていました。

その日バイトで稼いだお金の全てを
仕入に使うという崖ルートです。
もう絶壁ルートです

お腹が空いても
ブックオフに併設の吉野家の牛丼なんて食べてられるか!
350円あったら、108円の古本3冊買える!!
ひたすらにAmazonとの価格差を見るんだーーー!!!

仕入れしてる時も起業家の音声を聞く!

おにぎりと水道水持っていけば解決だ!!

ガソリンも勿体無いから
自宅から最短距離でブックオフまで行くぜ!!

うおおおおおおおーーーー!!!!

そんな気合の毎日を送っていた時

友達から1件誘いが入ります

「うちのバイト先の社長が年商15億くらいあるんだけど、会ってみる?東京 だけれども。」

「行く!!! い、き、ま、す!!!!!」

即答です

チャンスが来たーーーー!!!!!!!!
行くしかねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!

とは決めたものの
所持金が3000円(貯金含めて)しかなかったので
一番安い夜行バスをクレジットカードで買って地元山形から東京へ行きました。



東京へ。


水道水をペットボトルに詰めて、
おにぎりを持参して食費を節約、
よし出発だ!!

そして早朝の東京駅。
なんであんなに殺伐としているんですかね。

なんか、
会社とか辞めてみて思うのが
みんな必死で電車の乗り継ぎをしている。

逆に満員電車に揺られるのが当たり前だった時期って
それが常識だから安心していたんですよね。

みんな必死に働いているんだ。
社会が悪い。
大多数が同じだから、群れの意識が勝つ。

“みんな同じだから仕方ない。”って

だから電鉄の社員が
電車に人を押し込んでも
なんとも思わないというか
麻痺している。

でも、一度その枠から外れると
「うわ・・・」ってドン引きしますよ。

そんなことを思いながら約束の夕方まで時間があった僕は
お金もないので、公園で過ごすことにします。

昼くらいになると
公園はおじいちゃんおばあちゃんと
ランナーで埋め尽くされ。

これもこれで
なんだかなぁ・・とか思いながら

時間も迫ってきたので
そして都内の社長さんが趣味で借りていた
マンションの一室へと向かいます

緊張する中
インターホンを押します

「あのっ、にちやです!!」

「おー、いらっしゃい」

対面します。

おお・・・
スーツ姿で、若々しい細身の頭良さそうな人が立ってる。。
これで30代???若い・・。

一瞬でそんなことを考えながら

メモ帳片手に
「初めましてっ!20歳です!古本転売し始めてます!!!」

そして言われました

「古本転売!?独立した決意はいいけれども、またダサいことやってんなぁ
w」

「あははh・・^^;」

そういう感じか。

辛い。

ひたすらに辛い

自分がこれだ!って思った事を 開始5秒で全否定されるとか。

わけわからん。

開始数秒でKOされた。。。。

しかし、 話を聞くと
その社長さんは

年商15憶円

・中古車販売
・ホテル経営
・インテリアデザイン
・飲食
・・

いくつもの事業を持っていて
自分は全く関与していない。

なぜなら、
最初に自分が事業の仕組みを作って
それぞれトップを人に任せているから

俺はその人達に方向性を示して
後は現場は任せている。

俺は、毎日新しいビジネスの仕組みを作るために
全国回っているんだよ。

まぁ楽しいし
自分がこれだ!と思ったものは仕組つくれるし。。なんでもできる。

(゚A゚ )・・。

(゚A゚ )まじか・・。

(゚A゚ )ナニコレ、キモチイイ!!!

僕の中でもう常識がぶっ壊されすぎて
ぶちのめされるのが
気持ちよくなってました。

同時に
「いいか、古本転売も確かに少しは儲かる。
利益率高いし需要もあるからだ。
でも誰にでもできる。そんなのやるべきではない。

今はいいけれども最終的には、原理原則をしっかりと理解したうえで、
ビジネスをやりなさい。

誰にでも出来る仕事ならお前でなくていいんだ。お前必要ないんだよ。
誰にでもできないからこそ価値があるんだ。」

”これが経営者ってやつか。”

今まで別世界だと思っていた世界に 僕も1歩踏み出した瞬間です。
そしてめちゃくちゃ嬉しかった。

今まで画面の中でしか
テレビの〇〇社長の物語!とか
経営者の動画とか見たことがなかったから

本当に世の中こんな人が存在するんだ!!
それだけで嬉しかった。

あと、年商1億円とかで威張ってるテレビ出演社長は
そんなに大したことないんだな。

とも思った。

たかが1億かよww
ってバカにするんじゃなくて

あれ?意外と再現性高くね??
って思った。

だって、目の前にその常識を打ち破ってくれた
人がいるんだから。

学び
・ビジネスには原理原則がある。
・最初は泥臭くてもいい。でもいつかは抜け出しなさい。
・自分は創る側になるんだよ。
・正しいやり方を正しくやりなさい。知るならその道にプロに尋ねてみなさい。

結局その日は時間も遅かったので
解散することに。

でも、山形に戻るバスは翌朝だ。
時刻は22時、バスは翌朝7時。
どうやって過ごそう。

ネカフェ行くにもなぁ。。。 3000円もないし。

お腹すいたなぁ。。、
色々と迷った末に

たどり着いたのが 11月の上野公園で野宿することでした。
まぁ、寝ないしオールして帰ろう

そんなことよりも
さっき聞いたことを全てスマホのメモ帳に書かなければ!!

白い息吐きながらも心は燃えていました
でも不思議なもので 深夜2時を回ることには
体温低すぎて眠くなってくるんですよね。

深夜の上野公園
昼間の賑わいとは違って

まわりのベンチには

終電を逃した作業着姿のおっちゃんとか
外国人とか。

怖いけれども
まぁ死にはしないだろう

少し仮眠をとることにしました。
ベンチに横になりながら
足を抱え込んで寝る。

疲れもあってか即寝落ちします。

・・・

・・ ・

ふと目が覚める。
辺りは暗い 寒い・・
スマホを取り出す 5時前か・・

ん??

抱え込んだ足が動かない

関節が固まってる。

まてまてまてまてまて

焦って起き上がる。
いきなり動かしたもんだから
膝が痛い。

立とうにも今まで寒さで固まった
関節は反応してくれない。

これ、仮にこのまま寝てたら
永遠の眠りにつくんじゃねーの?????

危ない・・

いや、本当にね。。。

体を温めなくてはいけないので
近くのファミリーマートでスープ春雨を買いました。

温かい・・幸せ・・。

あの時食べた春雨の味は忘れません。

ありがとうファミリーマート!

もう寝てもいられないので
その後は 上野御徒町間(ひと駅分)をひたすらに歩き回ります。

こうして朝が来て
山形に戻ることに。

そんな1日ちょっとの旅でしたが
当時も今も思うことは

本当に学んで行動している人間とただ生きている人間には差があること。

だって、
頑張って生きている人
かっこいいと思いましたもん。

その社長さん子供いましたけれども
頑張ってるパパってすげーと思うんです。

原理原則
本質
知っているか知らないか

これを語れる人ですら少ない。
事実、お金ないと何にも選択できない。

食って寝て恋愛!

それだけでもみんな差がある。

牛丼も食べれない人もいれば
銀座で寿司食える人間もいる。

銀座で寿司食える人間は
牛丼も食べれるけれども

牛丼食えないやつは両方食べれない。

毎日8時間ぐっすり寝れる人もいれば 働きすぎて2時間睡眠で頑張ってる人もいます。
その中でも頑張って幸せだ!って言ってる人、頑張っても辛い毎日に悲観している人。

給料が出ません。
恋愛してくても
お金ないからデート行けない
服買えない。
自分の事で精一杯だからパートナーを理解できない。
心の中では謝りたいけれども、そんな余裕どこにもない・。

でもお金があれば
野宿なんてしなくっていいし
選択できることが無限に広がる。

別に何十億稼がなくたって
毎日幸せだーって言いながら生きていければいいし。

僕の考えのように
お金を稼ぎ続けて
毎日毎日成長したい!
世の中の美味しいもの食べ尽くしたい!
とか、自分がどれくらい稼げばいいか
それも選択できるわけですよ。

原理原則
本質
知っているか知らないか

それを学んで
お金を生み続けることができる事を知っていればいい。
まぐれなんかじゃ意味がない
安心して安定して選択できる自由があればいい。
本当にそう思います。

ブログでは話していない、本質をメルマガでは発信中!

工業高卒電気工事士、
学歴なし、知識なし、経験なし、貯金15万円から飛び込んだ起業の世界。

そんな僕が、

転売というビジネスを通して
自信もついたし、プライベートも充実するようになりました。

工業高卒にちやが起業して転売月収100万円になるまでの物語と理念はこちら

メールマガジンでは、転売月収100万円を超えた
脱労働の超仕組化転売の本質を流しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記をクリックして工業高卒月収100万円の物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です