【第2話】転売が稼げません、飽和しています。は嘘である。



こんにちは、にちやです。

今回は、
転売は稼げない、難しい、飽和している。
それは違いますよ。という記事です。

まず、
上記のことを言っている人は

自分が、できなかったから言っているだけなので。
あくまで個人としての捉え方です。

事実ではありません。

一方で、僕もですが
きちんと利益を残している人もたくさんいる。

これが、1人、2人だったら
まぐれで稼いでいるってのも理解できますが

世の中、たくさん稼いでいる人がいるのが事実です。

いいですか、

稼げない、難しい、飽和している。と言われていても
稼いでいる人がたくさんいる。再現性が高い。

というのが事実です。

では、なぜこのように
ネガティブな発言をする人が多いのか

解説してきます。



転売は、稼げません


転売が稼げない理由。
それは、正しいやり方を知らないから。です。

例えば、みんながおもちゃの転売をやっていて
それが稼げるらしい!

そう思って、取り組みます。

ですが、稼げませんでした。

なぜなら、

ライバルが多い市場で、お客さんから自分の商品が選ばれる
確率が低くなるから。

そもそも売れなくては
利益にはなりません。

そして、大手や資金力のある
他のライバルに
一気に差をつけられます。

安く買って高く売る。

のが原理原則なので

自分たちが1個100円で買っていても

資金力のある大手などは、
多額の資金でたくさん買うから安くしてよ。と言い
1000個単位で、1つ当たり90円で買っています。

大手は100円で売っても利益が出ます。

一方で僕たちは、100円で買って、100円で売っているので
利益は0円です。

そして、ライバルが増える=世に出回る個数も増える。

ことなので、

お客さんが欲しがっている個数<市場に出回った個数。

になります。

ライバルが多くて、個数過多な市場。

これはもっとも最悪です。

よく、イオンや、家電量販店でも
投げ売りされているおもちゃがありますが。

あの状態になります。

安くしないと売れない。

そして転売業界はそれの繰り返しです。

これは稼げるぞ!!ってみんなが殺到して
物の価値が下がってしまう。

ライバルも多いからどんどん値段が下がる。

なんだ、転売ってもうからないじゃん!!!

当たり前ですよね。

これが、まず転売で稼げません!が嘘な理由です。
稼げないとこでいくら物を売っても、稼げません。



転売は、飽和しています


これもよく言われることですが

これは工夫が足りていないのが原因です。

ちょっと前だと
古本転売が流行りました。

ブックオフの110円の本をAmazonで1000円とかで売る手法です。

お店に眠っている貴重な本を
全国の欲しい人に届ける転売ですね。

しかし、これは飽和している!と言われています。

なぜなら、みんなブックオフに行っていたことで
ライバルが増えたし

本自体の価値が下がっている。電子書籍が来ているから!
など、訳のわからないことを言ってる人が多いので

結果、みんなはこぞって
「飽和しています!」
とブログに書いたり、SNSで投稿したりしています。

しかし、そこに工夫をする必要があって。
それをしている人は今も稼ぎ続けています。

例えば、漫画セットを作って売ること。

ワンピース1〜94巻セットとか。

これって、
電子書籍で漫画読みづらい!
電子書籍だと高い!
紙の本が欲しいんだ!
めんどくさいからまとめて買わせてくれ!

っていう人たちに需要があります。

工夫ですよね。

ワンピース1冊110円なら
ただの古本転売、儲かりませんが

ワンピース全巻セットなら
古本転売+セット組転売。

になります。

そして、この工夫のやり方を知らないから
飽和していると言っているので

正しくは

自分の知っているやり方では稼げなくなった言い訳が
「飽和している」

になります。



転売は、難しいです。


これは、正しい考え方を知ることで
いくらでも簡単になります。

だって原理原則は

安く買って高く売るだけだから。

本当に難しくないんですよ。

だからこそ、最初に正しい知識を知る必要がある。

世の中の、ブログとかで「〇〇転売は稼げる!」
って言っていますが

その記事、みんな見ているので
みんな同じことをします。

最初にも語りましたが
稼げないルートに入っていますね。

そして重要なことがありまして

転売の正しい考え方にも型があります。

何をどのうようにリサーチ(仕入れる商品を探すのか)
どこでどのように売っていくのか?
お客さんは何を求めているのか?
工夫のやり方。

全てに考え方の基礎となる型があります。

この転売の正しい知識
型とは、料理で例えるのであれば

包丁の使い方、火の使い方、フライパンの使い方。
それと一緒です。

それぞれ使い方を知っていれば

卵を渡された時に
火をつけて、フライパンに割って入れれば
焼ける。食べれる。

これができる。

そして、卵って、
スクランブルエッグとかにできるらしい。
野菜と組み合わせると玉子野菜炒めになるらしい。

と、料理を知っている人から教わることで
無限に組み合わせることができる。

先ほどの、古本セット組のように。
組み合わせることができると知る

つまり、その型を知っていれば
料理をするという目標が達成できます。

転売の基礎を知って
商品を調理して
利益を出す。

より美味しく(高額な利益を出せるように)
組み合わせて調理することを知る。

そして、儲かる。

難しいことはありません。

知らないだけです。

故に、正しい知識を持っている人の元で
型を身につけることが大切なんですね。

型を身につけて、考え方を知ってしまえば
どこでどのように稼ぐかが理解できるので

転売は簡単になります。



さいごに


今回の記事は、
転売が稼げないという事実は存在しないんだよ。
という内容で話しました。

次の章では

実際に転売をしてみましょう。

不用品転売や、誰でも簡単に、
リスクが少ない方法で利益を出せる方法をお伝えします。

次回、

ブログでは話していない、本質をメルマガでは発信中!

工業高卒電気工事士、
学歴なし、知識なし、経験なし、貯金15万円から飛び込んだ起業の世界。

そんな僕が、

転売というビジネスを通して
自信もついたし、プライベートも充実するようになりました。

工業高卒にちやが起業して転売月収100万円になるまでの物語と理念はこちら

メールマガジンでは、転売月収100万円を超えた
脱労働の超仕組化転売の本質を流しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記をクリックして工業高卒月収100万円の物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です