僕を成長させてくれた何人もの先生がいる。

こんにちは、にちやです。

僕が起業を決意して
メール1通で月収100万円を達成するまでに

何人もの先生がいて
何人もの先生から素直に学んでいます。



素直に学ぶこと。


僕が起業をするにあたって

  • 雇われることの常識を粉砕してくれた先生
  • 起業に必要な知識を全て教えてくれた先生
  • 転売の全てを教えてくれて、結果が出るまでたくさん面倒をみてもらった先生
  • 転売のテクニック、論理・基礎を教えてくれた先生
  • 徹底的な数値管理、何をどれくらいやればいいのかを教えてくれた先生。
  • 物流の基礎、世の中の仕組み・考え方を叩き込んでくれた先生
  • 僕自身を徹底的に鍛えてくれて、人生を変えてくれた先生。

受けた影響が多いのはこの先生方です。

ですが、もっとたくさん学んだ人はいます。

この人は、自分より若いのに考え方がしっかりしている→秘訣を教えてください!
会社に雇われながらでも自分を鍛えて、副業でがっつり稼いでいるマインドの人もいる。→考え方を教えてください!
ブランドの事を愛して、それを熱量をもって伝えてくれる→その熱量を教えてください!!

僕は基本的に
年齢、職種、性別、・・

なにも関係なく

「あ、この人のこれ凄いな」

と思ったことは

自分に取り入れられないか???

それができなくても
メモをして残しておいて

誰かの役に立つのではないか???

と学んでいます。

この人は自分と価値観が違うから仕方ない。
立場が違うから。
収入が違うから
性別が違うから。

話したくありません。

一方的に諦めるのは
違うと思うんですよ。

なぜかというと

人それぞれ
熱量を持っている分野があるから。
得意げに語れることがあるから。

何でもいいんです。

自分が感情的な人間だと思っているなら
論理的な人から、どうやったら論理的に話すことができるんでしょうか、
コツなどありますか??

自分が論理的な人間だと思っているなら
感情的な人から、表現の仕方とか、普段どんな思いの時にその感情がでるんですか??

と学べばいい

極端な話なんでもいいんですよ。

相手が自分の知っていない話を持っていて
それが、

お酒の話でも
ゲームの話でも
おしゃれの話でも
化粧品の話でも

新しいことを知って
なるほど。

って
素直に思えるかが重要なだけで。。

僕はそれに加えてメモをとります。

それは、自分自身が忘れないようにするためでもあるし
会話をしている相手が

「あ、こんなに聞いてくれてるんだ」
って思えるからです。

自分が得意なことを話していて
それをメモして聞いてくれていたら
その人と繋がりたいなって思うし
単純に嬉しいじゃないですか。

もっと話してあげようとか
逆にこっちからも質問してみようとか。

1人から1つでも学べればOKです。
そしてそれは自分の引き出しの数に比例していくので

どんな場面でも
あの時こんな事学んだから、それを活かしていこう
と迷わなくなります。

とにかく話を聞いてみる
そして尊敬する部分があるなら
先生として学ぶ。

それの繰り返しをすることで
他の人とは違う存在になれます。

差別化ですね。

成長できるかどうか
どの分野でも戦える人になるかどうか

それは

”素直に何でも学ぶ”
事にあります。

ブログでは話していない、本質をメルマガでは発信中!

工業高卒電気工事士、
学歴なし、知識なし、経験なし、貯金15万円から飛び込んだ起業の世界。

そんな僕が、

転売というビジネスを通して
自信もついたし、プライベートも充実するようになりました。

工業高卒にちやが起業して転売月収100万円になるまでの物語と理念はこちら

メールマガジンでは、転売月収100万円を超えた
脱労働の超仕組化転売の本質を流しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記をクリックして工業高卒月収100万円の物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です