現金500万円を目の前に並べて、お金の価値観を考えた。


こんにちは、にちやです。

これは21歳で500万円の資金調達をした際に
全額引き落としたので

その時撮った写真です。
当時実家住みだったので
床と現金500万円が不釣り合いですね。

正直に、え、500万円ってこんな紙切れ?
ブックオフに売ってる新書5冊分じゃん!

って思いました。

お金の常識が崩壊した瞬間です。

その辺を詳しくお話します。



500万円ってこんなもの。


国から資金調達をして。
そして、実際に引き下ろしてみて。

僕はゆうちょ銀行に振り込んでもらったので

田舎の郵便局に
「あの、500万円引き下ろしたいんですけれども・・」

って言ったら

「現金用意するので、1日待ってください」
って言われました。

そして当日行ってみて

こんな大学生みたいな人が??
みたいな視線を向けられましたが

別室で
500万円ボンっと渡されました。



その時初めてそんな大金を手にしました。

「お若いのにすごいですね^^」
って言ってくれたお姉さん。ありがとう。

今でも覚えてますよ。

家に持って帰って
改めて広げてみる。

義務教育で
お金の価値観とか教えてもらえないし。

親も、お金がないのが当たり前だったから
そんな事教えてくれなかった。

僕が知りたかったのは

「世の中のサラリーマンが汗水垂らして稼ぐと言われる年収500万円ってどんなもの?」

その価値観。

見て触れて見たかった。

でもいざ目の前にすると正直に思ったのが

は?こんな紙切れのために1年間人生売ってるの?????

まじで??????????

これです。

だって、ブックオフに110円で売っている新書5冊くらいの厚さしかないんですよ?

本当に、お金に対する幻想と常識って崩れました。



では、なんでお金稼ぐ必要があるのか


では、なんでお金稼ぐ必要があるのか

次はこれを考えました。

なんでお金稼ぐ必要があるん???

もちろん、生活するため。
いい女と遊びたい。
欲しいもの買いまくりたい。
楽して生きたい。

色々出てきましたが

行き着いた答えとしては

金あれば、叶えられる選択肢が増えるのでは?

って事。

世の中お金を対価に動いている。

人に会いに行くにも
歩いていけるけれども

新幹線とか飛行機とかある。

食べ物も、自給自足もできるけれども
レストラン行って、
お金を対価に時間とか、手間とかを買っている。

その選択肢を広げるのが
お金だと僕は思っている。

だから浴びるほど稼ぎたいと思った。

そうすれば、自分が叶えたい事。
誰かと叶えたい事の障壁がある程度なくなる。

これってすごく便利じゃん。

これくらい素直でいいと思う。

なんか、お金稼ぎに批判的な人多いけれども。

稼ぎたい!浴びるほど稼いで
自分の人生謳歌する!!!

これくらいシンプルで
これくらい素直でいいと思う。

金稼ぎに批判的な人
バイトとか、会社員やっている事自体疑問。

金もらうために働いてるじゃん。。

素直になろうよ。

そのためにも、現金に対する幻想を取っ払った方がいい。

あ、現金ってこんなもんなんだ。
それを知ると

現金生み出すためにはどうする?
勉強する?

って脳みそが動き出す。

一度やってみるといいです。
僕はそれで考え方が変わりました。

お金はたくさん持つべきだと。

それが選択肢を広げると。

以上です。

ブログでは話していない、本質をメルマガでは発信中!

工業高卒電気工事士、
学歴なし、知識なし、経験なし、貯金15万円から飛び込んだ起業の世界。

そんな僕が、

転売というビジネスを通して
自信もついたし、プライベートも充実するようになりました。

工業高卒にちやが起業して転売月収100万円になるまでの物語と理念はこちら

メールマガジンでは、転売月収100万円を超えた
脱労働の超仕組化転売の本質を流しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記をクリックして工業高卒月収100万円の物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です