好きなアーティストの全国ライブに行きたいから、ブラック企業に退職届叩きつけて転売で550万円稼いだ



どうもこんにちや^^(@nitiya01)

僕が高卒でブラック企業の電気工事をやっていた時代に
好きなアーティストのライブにいつでも行きたかったのが
退職届を出した理由の1つでした。

好きな時に好きなだけライブで音楽感じなきゃ!
働いてる場合じゃねぇぇぇ!!


そんな思いから辞めて
転売の仕組みを持った結果、
23歳で550万円稼ぎ、
今では全国各地のライブで頭振ってます。

今回は、そんな
にちやvsブラック企業の奮闘記をお届けします。




にちやのプロフィール




簡単に僕の経歴をお話します。

  • 19歳でブラック企業高卒電気工事士になる。

工業高校出身で学歴がなく頭も良くなかったので、
めでたくブラック企業に就職。

重労働で夜勤も多く不規則な生活。
家庭が荒れている人、仕事終わったらキャバクラで発散するみたいな人達が多くて
「これが社会か。。」と実感。

そんな毎日にうんざりしている時に起業という選択肢を知った。
  

  • 20歳で会社を辞めて転売をはじめる。


最初は全くうまくいかず、赤字転売を繰り返す。
そんな時に転売のプロに出会い原理原則を学ぶ。

  • 22歳で月収100万円達成。


稼いでいる人を徹底的に研究して実践しまくったら稼げるようになり月収100万を突破。

  • 23歳で月収550万円達成。

現在は安定した収益が出る転売の仕組みを構築。コンサルもしていて、クライアントは転売月収500万超えたり、共同で独自商品を作ったりと楽しく転売をしている。

…とざっくりこんな感じです。




19歳でブラック企業に入って思ったこと



電気工事士の仕事は
休みが不定期で夜勤がいつ入るか分かりません。

そして気づいた。

「ライブ行けないじゃん!!!!」


いやそれくらい諦めろよ。。


と思うかもしれませんが、
僕にとっては死活問題。

ライブは僕にとって魂を燃やす場所。

「ライブ行けないなら生きている意味ねぇえええええ!!」

と大真面目に思っていました。



ただでさえハードワークなのに
夜勤で生活リズムは狂い
生き甲斐だったライブにも行けない日々。

はぁ。社会人って意味不明。。。

そんな逆境にも負けず、
何が何でもライブに行きたいので、
新幹線圏内の名古屋や大阪へは
スケジュールを強引にこじ開けて参戦してました。


それでも夜勤や翌朝早い場合もあり、
ライブが終わってからとんぼ帰りしたり
酷いときはそのまま仕事へ突入する時も。

本来であればライブの余韻に浸りながら
泊まったり観光したりして、
ライブの仲間とカラオケに行ったり
1週間くらい遊んで帰るのが
ベストだったんですけどそれが自由にできない。

社会に出てから
自分のやりたいことをするためには
身を削らなければならないのかと思いました。

業務も本当に過酷で
血だらけになりながら社会に順応していきました。


辛い毎日を繰り返す中で

上司には
「それが社会のルールだ」
と言われました。

くたびれた作業着を着ているその上司に

「俺も我慢してきたんだからお前も我慢しろ」

とうっぷんをぶつけられたようで


僕の中で何かが弾けました。

こんな生活をずっと続けるくらいなら
死んだほうがマシだ。
ルールなんて糞くらえ。


って思って
気がついたら辞表を叩きつけてた。




違うんだ、働いてる場合じゃない、自由に全国ライブ巡りたい。



自分の生きる世界はここじゃない。

そんな風に思っている時に
「起業」という世界があることを知りました。


会社を辞めて

“自由になった人の本”みたいな

今思うと、いかにも超絶怪しい本を
キッカケにして起業の世界へ入っていきました(笑)

まずは
起業塾みたいなものに入塾。

そして色々と勉強する中で
転売と出会いました。


「転売ってすぐ稼げるじゃん」

「ただ物を売るだけでしょ」

そんな激甘な考えで僕は転売をはじめました…。




転売に出会う



僕は会社辞めて
資金15万円で転売をスタート。

知識0、経験0、センス0からの転売。


やる気だけはあったので
無料サイトの情報やTwitterで流れてくる情報を漁りまくりました。


結果はもちろん惨敗…。

最初は古本転売をしました。
自宅の本棚を改造して倉庫代わりにして
ブックオフに古本を大量に買いに行ってAmazonで売る。


よく分かってなくて
赤字商品をめちゃくちゃ買っていました。

利益は一応月8万くらい出たけれど、
在庫が余りまくって
利益よりも多く在庫を抱えている状態。。



全く利益が手元に残らないじゃん…。。
っていう転売をしていました。

めちゃくちゃ働いているのに
結果がついてこない状態。



意を決して起業したのに
結局会社員の時と変わらなかった。



焦った。

重い古本を必死に運んで
家でも孤独に大量の発送作業。
Amazonの画面にかじりつく毎日。


俺、なにしてんだろ。



ふとした時に漠然とした不安に
噛み殺されそうになりながら
それを振り切るようにただただ手を動かした。


絶望した。


結局、社会はそんなに甘いもんじゃない。
あのくたびれた作業着の上司と同じ生活を歩むしかないのか…。




転売のプロに出会う



そんな中、
2人の転売のプロと出会い
僕の運命が大きく変わりました。


転売のプロに弟子入りして、
原理原則をとにかく学びまくります。

そして
継続して稼げる方法を教えてもらいました。

転売の世界ってノウハウレベルの知識だと、ノウハウが普及しちゃうとライバルが多くなって全然自分の商品が売れない状況になってしまうことが多いです。

継続して稼ぐにはノウハウじゃなくて
商売の本質的や原理原則を
学ぶ必要があると知りました。

だから、プロに習わなきゃ絶対ダメだって思った。



もう古本転売の時のような
地獄の日々に戻りたくない。

出来ない自分を信用しちゃだめだということで、
プロについていくことにしたのです。

結果は大成功だった。




転売の本質はシンプル



転売のプロに
最初に教えてもらったこと。

転売で一番大事な事は
テクニックや難しい思考法ではなく、

「安く買って、高く売るだけ」だよ。


1万、10万、100万でも全く一緒。
転売って結局まとめるとここに収束するんだよ。



っていわれた。



例えば、
100円で買って1000円で売ったら900円の利益出るよね。
足し算と引き算だよね900円の利益出るのって。

だったら100円でどうやったら買えるか?
どこで高く売れるのかっていうところを知っていけばいいじゃん。



・・・確かに。。

めちゃくちゃ衝撃的だった。



色々情報を漁ってきたけど
本質はシンプルだった。


足し算と引き算の世界。



それから原理原則を踏まえて行動しまくった。

稼いでいる人を徹底的に研究したり
人に会ったりして情報収集もしたけど、



結局「安く買って高く売る」というところに行き着いた。

悟りを開いたというか。
最初に言われたことがストンと腹落ちしてなるほどと思った。

気がついたら月収100万を超えてた。




22歳でメール1通で月収100万円の転売



そして行き着いた先がメール1通で月収100万円の転売です。



書いて自分でも思ったんですが
めちゃくちゃ怪しいですね・・・(笑)

でも本当に再現可能で、
知ってるか知ってないかっていうところに行き着きます。

世の中の仕組みって面白くて、
うまいこと組み立てていくと
メール一通投げるだけで
100万の仕組みを持つことが出来ます。 

これはもちろん僕に
センスがあったわけでもないし、

経営者の息子でもないし、
両親はパートの母親と電気工事士の父親。

別に裕福な家庭で
英才教育を受けてきたわけではないです。

特別な資格をもっているわけではないし、
むしろ学歴がない人だったけど、

それでも知識を知っていくことで
月収100万円を達成していきました。

転売=労働みたいなイメージがあるけど

ちゃんと仕組みを構築すれば
お店に買いに行かなくてもいいし、
対面でスーツを着て営業することもないです(むしろスーツいらないので捨てました笑)




23歳で月収550万突破



そして現在は自身の転売売上は月収550万。
コンサルもしていて2人月収500万超えている状況です。


 
共同で独自商品を創ったりとか
結構楽しく転売をやっていて
転売を超えて物販をしたりもしています。
 
そして何より、
転売を始めたおかげで好きなアーティストの全国ライブに好きなだけ行けるようになりました。


最近もちょっと中止になっちゃったんですけど、
東北で開催される
アラバキロックフェスっていうのに行きたくて
1週間くらい予定空けていました。 

レンタカー借りて宿も取って、
東北ぐるぐる回ろうかなと思っていたところです(色々あって中止になってしまいましたが…)


今は本当にどこでも好きな時に行ける状況です。

みんな本当はわがままに遊びたいし
僕みたいに全国ライブに行きたい!
っていう欲求があっても普通閉じ込めちゃうけど、



自分のわがままのために稼ぐっていうのもありだよ。

その手段として転売っていうのもいいよ。


というのがちょっとでも伝わればと思います。

 
月収550万って
もうピンとこないかもしれませんが、、
正しい知識で正しく努力すれば実現可能です。

といっても本質はシンプルで

コンサル生にも
「原理原則」と「知識」が大事という
2つを徹底的に言っています。

僕は高卒で電気工事士で
ヘルメット被って泥まみれになっていた
ただの青年でした。

学歴なし、
知識0、経験0、センス0からのスタート。



転売で重要なのは「知識」です。
要は知っているかどうか。

ちゃんと正しい知識で正しく努力すれば
転売で稼ぐことは可能です。

かつての僕と同じように
・やりたいことがあるけどできない。
・今の生活に不満がある。
・このままの人生を終わらせていいのか。

と思っている方。
良かったら転売の世界へ飛び込んでみてください。

より詳しいことはメルマガ内でお話していますので
一歩踏み出すあなたをお待ちしていますね。




ブログでは話していない、本質をメルマガでは発信中!

工業高卒電気工事士、
学歴なし、知識なし、経験なし、貯金15万円から飛び込んだ起業の世界。

そんな僕が、

転売というビジネスを通して
自信もついたし、プライベートも充実するようになりました。

工業高卒にちやが起業して転売月収100万円になるまでの物語と理念はこちら

メールマガジンでは、転売月収100万円を超えた
脱労働の超仕組化転売の本質を流しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記をクリックして工業高卒月収100万円の物語の続きを読む】

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: phonto-5-1024x828.png

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です